case-top.jpg

ケーススタディ

3Dテクノロジーを活用したさまざまな事例をご紹介します。

映画『永遠のゼロ』コクピットパーツの製作

エンターテイメント 3Dデータ

百田尚樹のベストセラー原作を映画化し、2013年12月の公開後の興行成績で8週連続1位となった超話題作「永遠の0」。本作の撮影にあたり、旧日本海軍の零戦二一型の原寸大模型が制作され、そのコクピットパーツの一部をiJetが製作しました。

データ制作と出力を並行して約1週間の短期間で製作を行いました。クライアントから提供された3Dデータを編集し、パーツのサイズや形状に最適化した3種類の造型機を組み合わせての製作を行いました。

© 2013「永遠の0」製作委員会